無能獣医に勝った

前回の記事の立てなくなった子牛、私が休み時間や退勤後や深夜にヒミツで世話をしていたら、4~5日間ほどで立って歩けるようになりました。
今も元気です。
1週間くらいマトモに餌を食べていなかったので、少し小さいですが。

一時はどうなるかと思いました。
立てないのにいつまでも生きていたら完全に怪しまれるし。。
子牛ちゃん復活してくれて良かった。


家畜獣医マジ無能だな、ってことがハッキリしましたね★




畜産や屠畜に関わる獣医が無能だから、現場は良くならないのです。



やはり、どうぶつというのは座学では理解できないんですよね。

馬鹿獣医

畜産とか屠畜に関わる獣医ってなんで馬鹿獣医ばっかりなんだろ?

動物愛護を遅らせてるの獣医だと思うマジで。

ほんと信用ならない。


獣医が、『もう一生立てない』と判断したり、判断するであろうニワトリ様だって、エサと水だけで何羽も治った。



牧場で、肺炎とかで立てなくなるウシが時々いるけれど、獣医は『もう治らないから投薬やめてそのままにする』と判断する。エサも水も与えず、そのまま死なせろと。

立てないウシでも、エサも食べるし水も飲む。
そういうのは、ちゃんと治療して、ふつうにエサと水を与えて1週間くらい様子を見れば治っていく気がする。
治療はするけれどエサと水は与えないから、いつも2、3日で死ぬけど。
元気なウシだってエサと水がなかったら死ぬだろ普通に。なんのために治療してんだか。。


獣医は判断と指導を間違っているし、動物虐待推進してる。
『治療やめてそのままにしておけ』
じゃなくて、
『治療続けてエサと水を与えて様子見る』
だろーが。



畜産農場でも屠畜場でも、獣医の判断で従業員の行動が決まってしまうからね。
獣医の責任は重い。



なのに、

なんで畜産獣医は無能なのか?

目の前で動物虐待行為があっても無視するし、ちゃんとした指導もできないし、

動物虐待推進するばかり。




動物虐待との闘いは、無能馬鹿獣医との闘いである。


日本の動物愛護をすすめるには、
動物虐待公務員のクソ獣医との闘いを避けては通れない。

舞台に出まーす☆(^○^)

2018年11月18日(日)に、

東京の国立劇場で日本舞踊の舞台にちょこっと出ます★(^^)/

鷄迦出演舞台



ちゃんと白塗りの御化粧もして、本格的な舞台なので是非いらしてくださいネ☆(^○^)


二枚目な感じの男役を踊ります!★

緊張すると思いますが、美しく麗しく色っぽい粋な日本美男子を演じられるようにお稽古励みます♪(^^)/

なにせ、むさ苦しい畜産男に毎日ストレスとフラストレーションが溜まってますので、
反動的に理想の麗人男子を演じたい欲求が溢れ返るのでこざいます。






入場料金がかかりますが、コメントでチケット希望のご連絡をいただけましたら、無料ご招待チケットをご郵送させていただきますm(_ _)m


宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

畜産の真実...

畜産や屠畜の仕事は汚ないとかクサイとかキツイと言われるけれど、
動物好きからしたら家畜や家畜のウンコは汚くもないし臭くもない。

ほんとうに汚くてクサイのは、一部の従業員のオッサンである。

公害並みのマナー違反・エチケット違反の育ちの悪いオッサンがいるのである。


休憩室で、みんなが食事中でもお構いなしにゲップしまくったり。

屠畜場の工場内の壁で立ちションしたり。



そういうオッサンがいるのがホンッッットーーーにキツイ!

体臭もクサイし。


そういう下品で無神経なオヤジに限ってパワハラするんですよねぇ(-_-)゛




畜産や屠畜を土木感覚みたいな仕事にしないでもらいたいですね。






動物たちは本当に可愛いのに、そういう野蛮なオッサンが棲み着いているために畜産屠畜の仕事が誤解されています。





ホストとかも偏見持たれる仕事だけどさ、ホストの男のほうが女に気遣い出来るだけきっと比較にならんくらいマシよ。。

スモハラ

畜産はスモークハラスメントが多い気がする。

あと、パワハラも多い気がする。


スモハラあるところにパワハラあり。




休憩する部屋が禁煙じゃなかったりすることが多い。
いろんな畜産農場見学したりしたけど。
今の職場もそうだけど。



スモハラ、喫煙マナーの無さが、畜産業界の時代遅れで古臭い体制を象徴している。



若い子や女性が続かないのは、体力的キツさや汚れたり臭くなったりはモチロンだけど、スモハラやパワハラのせいも大きいと思う。

動物や自然が好きで畜産の仕事をしたいと思うような子は、大抵タバコに弱い。


男の子は特に、喫煙者とか受動喫煙者のオッサンにパワハラも受ける。




若い人や女性がまともに続けられないと、新しい風が入ってこないし、世間からの関心も持たれずらい。



畜産屠畜=仕事が無いオッサンのガサツな仕事

のままである。





可愛いどうぶつの一生を担う仕事が、そんなんでいいんだろうか?


もっと、母性や女性性が発揮される保育園みたいな雰囲気にしなければと思う。

生理痛

電車の中で生理痛が来て、電車は座らない派なのでいつもなら1時間半くらいずっと立っているけれど、下痢っぽくて気持ち悪くなって立っていられなかったので電車のトイレに籠ってた。8駅か9駅くらいw
電車のトイレは男女兼用だからあんまり使いたくないんだけどさ。
酒で酔っぱらった人がゲロとか吐いてそうだしさ。


生理の初日か2日目で下痢気味のときって、死ぬかと思う瞬間が襲ってくることが時々あって、そういうときって「ニワトリも死ぬときこんなに苦しかったのかな」って思うね。

ときどきは死にそうなくらいの気持ちも味わっとかなきゃね。

変態レプタリアンについて

養鷄場や食鳥処理場のニワトリばかりがよく取り沙汰されているが、
もっとクソなのは、ニワトリを大蛇などの生き餌にする爬虫類飼育者。

爬虫類に鳥や小動物を生き餌として与える必要は全く無し。
そもそも、鳥や小動物を食べるような大型爬虫類ほど、死体でもよく食べるという。


鳥や小動物を生き餌にするような野蛮な爬虫類飼育者を擁護するのは無用。
彼らは、苦痛の感受性の大きい動物を爬虫類に喰い殺させることで、性的快楽のようなものを感じているのである。
変態レプタリアンにとって、鳥や小動物の生き餌はAV観賞のようなもの。
オ●ニーなのである。

変態レプタリアンの異常性欲のために、ニワトリやヒヨコやウズラやマウスやラットやハムスターやモルモットやウサギ等が生き餌にされる。

しかも、爬虫類が捕食する姿をYouTubeにあげて視聴回数稼ぎを目論むゲスい飼育者も少なくない。

餌代節約のために鳥や小動物を自家繁殖させている爬虫類飼育者が多いようだけれど、
せめて二酸化炭素ガスで安楽殺するだけの金がないなら、自家繁殖する資格はない。
金がないやつは肉食爬虫類を飼う資格はない。




そんでもって、
鳥や小動物を生き餌にする変態レプタリアンにイケメンはいない。100パーセント。
皆、野暮ったいオナ猿顔である。
生き餌がオ●ニーでしかない証拠である。



あと、採卵養鷄場の廃鷄を生きたまま購入して生き餌にする・していた畜生レプタリアンもいるらしい。
最近は鳥インフルエンザなどで防疫が厳しくなり、生きている廃鷄の売買は難しくなっているそうだが、
散々ボロボロに苦しめられた挙げ句に生き餌にするとは、極悪非道の変態サイコパス以外の何者でもない。




脳ミソが爬虫類化している変態レプタリアンを見かけたら、甘やかさず、躊躇せず注意して、人の道を教えてやらねばならない。

彼らは幼稚なエイリアンだから。


ただし、「可哀想」という一方的な感情論は全く以て通用しないので禁句である。